キウイフルーツについて

2017.3.24

美肌や整腸作用に有効と言われるキウイフルーツ

ドライフルーツ工房San-farm(サンファーム)には「レインボーレッド」「香緑」の2種類のキウイフルーツのドライフルーツがあります。

 

ビタミンC、食物繊維、カリウムなどが豊富に含まれて、美肌や整腸作用に有効と言われるキウイフルーツ、甘酸っぱい味とかわいらしい見た目もあり、ドライフルーツでも良く見かけるフルーツのひとつです。

以前に「ドライフルーツの楽しみ方」でもご紹介したとおり、ヨーグルトなどの乳製品と相性が良く女性のお客様中心に、大変人気があります。

 

普段、お買い物をされてあまりキウイフルーツの種類を気にする方はいらっしゃらないと思いますが、一般的に見かける国産のグリーンのキウイフルーツは「ヘイワード」種が飛びぬけて多く、日本での栽培面積は全てのキウイフルーツに対して70パーセント以上とも言われています。

その他のキウイフルーツは、それぞれ数パーセントの範囲で様々な種類・品種が栽培されています。

ドライフルーツ工房サンファームでドライフルーツに仕上げているキウイフルーツは、「レインボーレッド」「香緑」共に、あまり一般的に流通しないキウイフルーツです。

 

そこでサンファームでドライフルーツに仕上げている、キウイフルーツ2種類の特徴です。

 

 

香緑

一般的なグリーンのキウイフルーツ「ヘイワード」から選抜育成をした品種です。

ヘイワードよりもグリーンが濃く出て、とても鮮やかなグリーンをしています。

酸味はヘイワードと同じくらいですが、糖度(甘さ)がヘイワードより強くなっているのが味の特徴です。

 

 

 

 

 

レインボーレッド

ゴールド・イエロー色の果肉、中心部分が赤くなっておりスライスしたときに鮮やかなグラデーションが楽しめるキウイフルーツです。キウイフルーツの中では比較的酸味が少なめで糖度(甘さ)が高く、酸っぱいキウイフルーツが苦手な方も食べていただけると思います。極早生種とも言われ10月の終わりくらいの非常に早い時期に収穫されます。

 

 

 

 

キウイフルーツは、一般的な他のフルーツと違い、完熟していないときに収穫します。

これはキウイフルーツが樹の上では完熟しない為です。

品種にもよりますが収穫して2~3週間、時にはそれ以上かけて追熟し、出荷します。

 

この追熟、食べごろの判断がとても難しくて、皆様もキウイフルーツを食べたとき「すっぱい」「味が無い」などの経験をされたことがあると思います。

「キウイフルーツ 食べ頃」などで調べると、かなり多くヒットします。多くの方が気になり、調べられている印象です。

私自身も、手でキウイフルーツを包み込むように持って、そのときの感触で熟し具合を判断していますが、最終的には実際に食べて舌で判断する場合が多いです。

 

レインボーレッドなどは食べごろの判断が難しく、また食べごろのピークが短い(数日くらい)事が、一般的にあまり出回らない理由なのかもしれません。

 

ドライフルーツ工房サンファームでは、追熟して食べ頃になったキウイフルーツをドライフルーツに仕上げております。

「香緑は濃いグリーン」「レインボーレッドは鮮やかなグラデーション」のルックス、どちらもそれぞれのキウイフルーツの凝縮した旨味を楽しむことができます。

 

>>レインボーレッド 商品ページへ

>>香緑 商品ページへ

>>トピックス一覧へ