ペンギン ぺんぎん 辺銀

2017.7.3

マゼランペンギンクラフトフェスタのご報告。

7/2(日)新潟県上越市の直江津にて開催された、

マゼランペンギン・クラフトフェスタに参加してきました!

 

前日の7/1夕方に、上越市に到着したのですが…

到着と同時に携帯電話に「川が氾濫危険水位を超えました」と避難勧告がはいる状況。

そういえば、道中の橋のところには、消防車やパトカーが止まっていたと思いながら、翌日のイベントはどうなるのかと思いながら朝を迎えました。

 

起きてみると雨はやんでおり、主催者からの連絡では、予定通り屋外での開催判断。

開催場所の上越市立水族博物館横の海浜公園では、多少ぬかるんでいる場所があるもののほとんど問題ないレベル。

この日のためにいろいろ準備されてきた、クラフト作家さんがすでに準備を開始しておりました。

 

 

イベントは、前回の第一回目よりも参加される方(出店者)が多くなり、80組を超える方たちが(委託販売の方も含めて)、この海浜公園に集結しました。

 

 

 

出店する側はもちろんですが、いらっしゃるお客様もペンギンが好きな方ばかり。

みなさん洋服だったり、アクセサリー、バッグなどなど、様々なところにペンギンがいます。

 

一応マゼランペンギンの名前がついたイベントですが、マゼランに限らずペンギンを愛している方ばかり!

 

リアルなペンギンが好きな方、またキャラクターとしてかわいい系やおとぼけ系、すまし系など、いろいろとその人なりのイメージの中でのペンギンを楽しんでいる姿が印象的でした。

 

 

 

サンファーム37e+のステンドグラス作品も、多くのペンギンファンのお客様に足を止めていただけました。

 

また、一番人気だったのがポーセラーツの保温タンブラー。

午前中の段階で、もって行ったものがすべて売切れてしまいました。

同じくポーセラーツの小皿も、みなさんどれにしようか悩まれていて、フェルトの雛ペンギンは子供たちに大人気でした。

 

 

こんな感じで、ペンギン好きのお客様たちと楽しくお話が出来たのですが、

出店以外の目的だった、ほかの作家さんの作品を見ることが、サンファームがある程度落ち着いてから行ったので、ほとんど作品が残っていない状況でした….。

ただ、気に入ったT-シャツ、最後の一枚をゲットできたので、よかったです。

 

 

現在一年以上の時間をかけて、水族館が大規模のリニューアル工事中なので、ペンギンたちが他の水族館に仮住まい中で、会場に来られませんでした。

次は来年の春ごろに向けて、第三回の開催を調整中とのお話を聞きました。

その時は、ペンギンたちに会えることを期待して、また参加したいと思っています。

 

 

スタッフや出店者の関係者のみなさま、ご来場・ご来店いただいたお客様、ありがとうございました。

また、来年参加した際には、よろしくお願い致します。

 

>>ドライフルーツ工房サンファーム商品一覧へ

>>トピックス一覧へ